2021年4月19日月曜日

〜スタッフ紹介〜関達哉

 


①平成10年生まれ


②茨城県出身


③趣味

フロアバレーボール、アニメ、カラオケ


④好きな言葉

自分らしく


⑤座右の銘

考えるより、まずは行動。


⑥資格

はり師

きゅう師

あん摩・マッサージ・指圧師


⑦スポーツ歴

・サッカー(小学1.2年)

・バスケットボール(中学3年間)

・ゴールボール(高校3年間)

・フロアバレーボール(高校1年から今も)


⑧得意な事

・フロアバレーボール


⑨この道を目指したきっかけ

高校生から盲学校に通い始め、ゴールボールやフロアバレーボールなど、部活動に取り組んできました。


部活中怪我や身体を痛めた生徒を盲学校の理療科教員がはりやマッサージなどで治療やケアを行っている姿を見て、


「サポートする立場としてアスリートに携わりたい」


と思い、この道を志しました。


⑩患者さんに一言

視覚に障害はありますが、その分他の感覚を研ぎ澄ませ、患者様の心身に寄り添う施術を心がけております。


日常生活や競技、些細なことでもお困りのことがありましたら、ご相談ください。

2021年4月12日月曜日

春の健康市『家族で肩たたき&マッサージ教室』@テクノパーク桜商店会


去る4月11日(日)テクノパーク桜商店会の“春の健康市”にて『家族で肩たたき&マッサージ教室』のブースを出させていただきました!地域にお住いのたくさんのご家族にご来場いただき、楽しく開催することができました^^

今回は久々の健康市で、会場もまるも駐車場から牛角駐車場に変更になって初めての開催だったため、来場者数に不安がありましたが、例年以上の盛況だったように思います。

ブースにお越しいただくペースもいつも以上に早く、休む暇もない一日となりました!イベントは天気などによってお越しいただける人数も様々なので、今回のように盛り上がると私たちもとても嬉しいです^^

最初は緊張することもありましたが、慣れてくる毎に若手スタッフの接客も上達していき、笑顔で楽しく対応することができたため、とても良い経験になりました。

また、他の商店会メンバーの方々の接客や売り込みついても間近で見ることができ、とても参考になりました!

屋外のイベントはコロナ禍でも安心してお越しいただけると思いますので、今後も機会を見つけて参加していきたいと思います!

商店会の皆さま、お疲れ様でした!

今後ともよろしくお願い致します^^

 

2021年4月5日月曜日

スタッフ紹介〜中村太佑〜



①1986年生まれ

②出身=転勤族

③趣味=ジョギング、読書

④好きな言葉

「思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。」

⑤座右の銘

「継続は力なり」

⑥資格

はり師

きゅう師

あん摩マッサージ指圧師


⑦スポーツ歴 

サッカー、ラグビー


⑧得意な事

体を動かすこと


⑨この道を目指したきっかけ

「あの先生になら任せられる」

そう思っていただけるような治療家を目指すために一念発起し、鍼灸マッサージ師の道へ進みました。

困っている人の役に立ちたいという想いを胸に抱き、日々治療をしています。国家資格を持った人間として、少しでも困っている方々の、心身共に役に立てるように頑張ります。


⑩患者さんに一言

”気持ちに寄り添う施術を心掛けます”

怪我や病気でお辛いご本人の治療に全力で取り組むのはもちろんでありますが、支えていらっしゃる方々のお辛い気持ちや状況も、少しでも良くなるように、一人ひとり、丁寧に、気持ちに寄り添う施術を心掛けます。

2021年3月25日木曜日

スタッフ紹介~神林秀彰~



①昭和63年生まれ

②東京出身

③趣味=ゴルフ、アニメ

④好きな言葉=ありがとう

⑤座右の銘=バット短く、息長く。

⑥資格

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師

健康運動指導士

中高第一種教員免許(体育)

認知症GoldQPD認定鍼灸師

美真会 美容鍼灸師基本コース修了


⑦スポーツ歴

野球(小学校~大学)

水泳(小学校)

バレーボール(中学校)

ラクロス(大学学生トレーナー)


⑧得意な事

東洋医学的な全身の施術

アスリートのケガの施術やアスレティックリハビリテーション


⑨この道を目指したきっかけ

私は高校時代にスポーツトレーナーに憧れて、

筑波大学体育専門学群に進学しました。

そして硬式野球部の学生トレーナーとしてスポーツ医学を学んでいましたが、

トレーナー活動は大学野球で完全燃焼してしまいました。

そんな時に、大学院生としてチームをサポートしてくださっていた小堀先生にお声掛けいただき、

この道を目指すことを考えるようになりました。


⑩患者さんに一言

私は、自分の家族を大切にするのと同じように、
患者様やそのご家族お一人おひとりの
生活や人生を大切に想っています。

「目の前の患者様の為に、全力を尽くすこと。」
それが仕事をする上でのモットーです。

日頃からお困りの方、一人で抱え込まずに
ご相談ください。私たちが全力でサポートします。


よろしくお願い致します^^


2021年3月24日水曜日

マッサージでできる事②~Aさんとの思い出~

 3月はセンバツ高校野球、プロ野球開幕、大相撲春場所と

スポーツが盛り上がっていますね。

大相撲は茨城出身の高安が頑張っていますが、

今日は照ノ富士が大好きだったAさんとの思い出について書きたいと思います。




Aさんは昨年7月にお亡くなりになりました。

私(神林)が4年間担当した患者さんでした。

施設の方でしたので、新型コロナウイルスの影響でしばらく中断していて、

その間に調子を崩してしまい、施術を再開することはできませんでした。

中断する前も「嫌だ、やりたくない」「早く部屋に帰りたい」と施術を拒否することが多く、

デイサービスにも行きたがらないような方だったのですが、

ヘルパーさんたちと協力して、なだめながら何とか施術をしていました。


施設では食事や入浴の時間などが決まっている為、スケジュールにも縛りがあり、

この方のように、施術を待ち望んでいるわけではないのであれば、無理に訪問しない場合もあります。

ですが、施設長さんやケアマネさんをはじめ、ヘルパーさん方ともよく相談をし、

心身の状態が少しでも良い状態でいられるようにと、施術を続けていました。

実際に、最初は嫌々でも、最後は毎回笑顔になって、次の約束をしていました。


在宅施術、訪問施術をしていると、このように最期をお見送りすることは少なくありません。

毎年10人とまではいきませんが、それに近い人数を看取っておりますし、、

入院してその後お亡くなりになった方は把握できないケースもあるので、そういう方を含めると10人以上かもしれません。


私は学生時代から、体育やスポーツ医学、整形外科疾患を中心に学んで来ましたが、

この分野に関わることで『命』や『家族』について考える事になりました。

そして、一回一回の施術を「これが最後かもしれない」という意識で臨むようになりました。

もちろん、勉強は楽しいですし、治療も楽しいですし、仕事も楽しいです。

でも楽しい事ばかりではありませんし、こうして乗り越えなければいけない時もやって来ます。


ポジティブに「成長している自分」と捉える人もいれば

ネガティブに「至らない自分」と捉える人もいるでしょう。


今回の場合も、マッサージで命を救えるわけではなかったと思います。

けれど、鍼灸は、マッサージは、東洋医学は、魂を救うことができると思っていますし、

そう教えてくれた先生方や患者さん方に恥じない臨床家でありたいと思っています。


いつも「これが最後かもしれない」と思って施術にあたっていますが、

今回の感染症による中断のようなケースは初めてでしたので、

気持ちの整理をするのにも時間がかかりました。


大変な世の中になり、

いま学生の方や社会人になりたての方は不安も多いと思いますが、

そんな方々の目に留まれば、少しは背中を押せるのかなと...

僕はこの仕事を選んでよかったです。


「天国では痛みなく穏やかに過ごせますように...」


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2021年3月22日月曜日

一期一会




私たちは毎回毎回の施術に全身全霊で臨んでいます。


もちろん当たり前の事ではあるのですが、

訪問鍼灸マッサージに携わるようになって


「今週普通に施術を出来た方が、

来週元気であるかどうかは誰にもわからない」


という事を知り、よりその意識が高まりました。



ADLを高める。QOLを高める。



言葉では分かっていても、実際には全てうまくいくわけでわけではありません。


そんな時にも、いかに患者さんに寄り添い、



自分たちには何ができるのか?



患者さんが本当に望んでいることは何か?



お一人お一人に真剣に向き合って、


一回一回全身全霊で施術をさせていただく。



それが私たちのスタイルで、


全員がそれを目指しています。



魂をも救う。



自分自身にも悔いがないよう、


これ以上ない程にやり切れるよう、


これからも日々精進して参ります。

2021年3月8日月曜日

毎月のスタッフ目標

スタッフの神林です。


当院では毎月の目標設定があり、

先日も3月の目標を共有しました!


↓当院には2つの月間目標があります↓



①つは院長からの目標


②つ目はスタッフが月替わりで設定する行動目標です。


一人一人が受け身にならず

患者さんのため

地域のためにできることを

自発的に考えられるように

という狙いで、

スタッフからも目標を出すようにしています!


キャリアや勤続年数に関係なく、

「目の前の患者さんのために今できること」を意識して、

その時その時の治療院に必要だと思うことを設定しています。


この試みを始めたきっかけは、

スタッフが少しずつ増えて

世代も幅広くなっていく中で、

全員が自分事として

日々過ごしていくにはどうしたらよいか?


と、考えて、


個人だけでなく、治療院全体の目標を

考えて発表してみよう!


という事になりました。


最初は目標を考えるのが難しかったり、

発表がうまくできなかったり、

色々と課題はありましたが、


普段発言の少ない若手スタッフが

おもしろい目標を設定したりなど、

良い刺激・変化がありました。


臨床家として、人として、

少しずつでも成長できるよう、

今月も目標を意識して日々精進します^^


これからもよろしくお願い致します!

〜スタッフ紹介〜関達哉

  ①平成10年生まれ ②茨城県出身 ③趣味 フロアバレーボール、アニメ、カラオケ ④好きな言葉 自分らしく ⑤座右の銘 考えるより、まずは行動。 ⑥資格 はり師 きゅう師 あん摩・マッサージ・指圧師 ⑦スポーツ歴 ・サッカー(小学1.2年) ・バスケットボール(中学3年間) ・...